腕時計にこだわりを見せる長友佑都。腕時計へのこだわりとは?

インテルの長友佑都愛用の腕時計。

芸能人愛用で何度も紹介している腕時計ブランド、ウブロ【HUBLOT】のビックバン・ブラックマジックです。

いやー、オシャレですね。オーダーメイドなのか?長友佑都のイメージにぴったりの艶やかな腕時計です。

長友佑都ならではの、腕時計なのでしょう。

きっと、人気も上がっていったのでしょう。長友佑都がオーダーしたものですしね。スポンサーなのかな?

スポンサーリンク



長友佑都の渋さにマッチしていますね。最近まで、長友佑都が腕時計好きのことを知らなかったので、ちょっとビックリしました。情報不足でしたね。

もう少し、派手なデザインが好みかとも思いました。彼の性格上?派手そうなことがすきそうですし、意外にシンプルなのが、お好きなのですね。失礼しました。

私自身、もっと情報を集めるようにしないとですね。すみませんでした。

uburo

2011年5月NHK「アスリートの魂」で自宅を紹介する際に着用したようだ。TV用に準備したのか?恐らく、欲しくて買ったのでしょう。

流石、インテルの選手。こんな高額の腕時計買えるなんてね!いったいいくらなんだろう?

ウブロの代表作であるビッグバンのコンセプトは「融合」。セラミックやカーボンなど、いろいろな素材を組み合わせて制作されているとのこと。
傷の付きにくいセラミック製のベゼルに1.78キャラットのブラックダイアモンドを114個装飾したラグジュアリーな仕様とのこと。

流石だ、そこまで気を配るなんて。一流選手だと、そこまで気を配るんですね。だからこそ一流なんですね。

長友佑都、腕時計を購入した際に。

長友佑都が新しい腕時計を買った時、その噂を聞きつけた編集部は、納品に行くという関係者とともにミラノに向かったみたいですね。

編集者の方も、良く聞きつけましたね。流石としか言えません。これがプロなのか?すぐに、ミラノまで駆けつけるなんて。

練習を終え、カーナビを頼りにミラノのスタジオに入ってきた長友佑都は、待ちに待った念願のウブロを手に入れ、目をキラキラと輝かせた。

よほど、うれしかったのでしょう。そんな長友佑都を見てみたい。どれだけ、はじけるのか気になる。
以下、長友佑都の言葉を引用します。

「腕時計は僕の中でモチベーションです。出かける時もそうだし、試合に行く時もそうだし。よし、やってやるぞ!という気持ちになる」。数年前まで無名だった男は、自分の腕に巻かれた腕時計を見て、相好を崩している。この姿こそが男にとっての腕時計ではなのだろう。
「時間は携帯電話を見ればいい」。私のそんな考えはお門違いのようである。長友佑都にとって、名門インテル・ミラノでひとり奮闘しているという『勲章』のひとつが、腕時計なのかもしれないし、世の中の男性の方々も同じように考えているのだろう。

皆さん、同じ思いで腕時計を選ばれているのでしょう。

長友佑都、腕時計を受け取った時。

自ら注文していたウブロをスタッフから丁寧に両手で受け取るなり、長友佑都は顔をほころばせたようだった。角度を変え、自らの腕に巻きつけられた時計を何度も眺めていたらしい。

それはそうですよね。待ちに待った腕時計が届けば、みなそうなるでしょう。

「やっと届きましたね!」

長友佑都にとって、2本目のウブロ。1本目は諸事情あって、今手元にないらしい。何があったんだ?気になる。紛失か?それとも・・・。

しかし、腕時計が届いた時の長友佑都の嬉しそうな表情が目に浮かびます。

長友佑都の言葉、引用させていただきます。
「これはインテルの同僚がしていて、遠くから見てもかっこよくて。どうしても欲しくなって、今回購入したんです。ウブロは男らしさや力強さもあるけれど、存在感があるだけじゃなくて、ちょっとこう優しさがあるというか、その感覚が好き。バランスもいい」
ずっと時計に視線を落としながら、長友は話し続ける。
「時計自体の輝きがキレイですよね。もうさっそくつけます。日本代表の次の合宿でもつけますよ。ミーティングや食事でもつけていって、遅れてきた選手に(腕時計を指しながら)“遅刻しているよ、ち・こ・く!”とかやりたいですね(笑)」

スポンサーリンク



長友佑都は、結構Sっけがあるのか?そこはどうなんだろう?そのひとつひとつの言葉から、腕時計を愛する気持ちが伝わってくる。

そんな彼にとってのスペシャルワン、それは「気持ち」だ。

今でこそ長友佑都は、インテル・ミラノという世界に名を轟かせるクラブに所属し、日本代表でも不動のレギュラーとして大きな声援を集めるスター選手だ。

しかし、エリート街道をひた走ってきた選手ではない。苦労話も多い。

だからこそ、説得力があるのだろう。
「僕は常に、厳しい道を選んできました。周囲からは厳しいだろうと言われても、チャレンジしたかった。正解となる道を選択するというより、自分の選択を正解にするというのが僕の考え。自分が選んでいるから人のせいにもできないし、逃げ道も作れない。だから、強い気持ちで挑めるんですよ。僕にはサッカーのすごい才能はないかもしれない。でも、その中で強い気持ちを持って努力し続ける。その気持ちだけは誰にも負けないという思いがあります」
そう語る長友佑都にとって、腕時計を腕に巻く行為は、自らの「気持ち」を高める行為なのだろう。それは日本代表のユニフォームに袖を通す瞬間とも通じるものがあるような気がする。
「日本代表のユニフォームを着たら、日本代表の長友佑都になる。腕時計も同じで、それによって自分を彩れるんですよ」世界的なスター選手になった今でも、長友にとって腕時計は高価なものであることに変わりはない。それでも、高価な腕時計を身につける理由をこう話している。

「それが子供たちに夢を与えることになるから」

またも長友佑都の名言ですね。本田圭佑みたいなことを言ってますね。

そんな長友佑都を今後も応援していきたいですね。
世界一のサイドバックになるという夢に向かい、努力を続ける。

ウブロは、世界一への道を突き進むのよき長友佑都のパートナとなっていくのでしょう。

長友佑都

めちゃくちゃ、似合ってますね!誇らしげに、写真に写っている姿が素敵ですね!
また、笑顔が素敵ですね。次のモデルが出た時にも撮影されるのかな?
きっとまた、オファーが来るのでしょう。いくらでも。
スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ